取引条件

Allied Wallet, LTD(以下「甲」という)は支払いサービスプロバイダーに限る。 甲はインターネットを介して当社のサービスを製作、ホスト、維持、提供して支払いサービスプロバイダーとして機能する。
このユーザー同意書 (以下”同意書”という)は利用者(以下「乙」という)と甲間の契約で乙が甲の支払いサービスとwww.Allied Wallet.com (以下総合して”サービス”という)を介して利用できるその関連する製品とサービスの利用に適用するものとする。 この同意書の以下の取引条件に同意しない場合、当社のサービスを使用またはそれにアクセスしない。
乙は、甲のメンバーになる前に下記に明記される、または参照することにより本書に含まれる取引条件を含むこの同意書及びプライバシーポリシーに記される全ての取引条件を全て読み、同意し、承認しなければならない。甲のユーザーとして適用される更なる取引条件を含んでいる可能性があるため、この同意書を読み、この文書に記される他のページとウェブサイトに含まれる情報にアクセスし読むことを甲は強く推奨する。注意: 下線の単語と語句はこれらのページとウェブサイトにリンクします。この同意書を承認することで、乙は他の甲のウェブサイト及びサービスの使用に同意し、それらのウェブサイトで投稿される取引条件に規律されるものとする。
サービスとその作業法についての付加情報は甲のサポートセクションに相談する、或いは甲に連絡をとるものとする。
この同意書は甲のウェブサイトで修正事項を投稿することにより、いつでも甲が修正できるものとする。 下記に明記される以外、全ての修正される取引条件は甲のウェブサイトで最初に投稿された後、30日間効力を持つ。
この同意書で”乙” 或いは “乙の”はこのサービスを使用するいかなる人或いは団体を示す(以下”ユーザー”とする)。 他の記述をされない限り “Allied Wallet, LTD,” “甲” または “甲の” は総体的にAllied Wallet, LTD, Inc. とその子会社を示す。 他に特定されない限り、この同意書の全ての”銀行”という参照は預金組織、クレジット団体を含み、全ての”クレジットカード”という参照はVisaやMasterCardのついたデビットカードを表す。
この同意書は2014年12月21日に最終修正されたものとする。

1. 適用 このサービスを利用するにあたり、アカウントの登録が必要です。ユーザーは1つのアカウントのみを保持するものとする。甲のサービスは個人または法人のみが利用でき、準拠法の元で合法的に契約を結べるもののみの利用に限る。上記を制限することなく甲のサービスは未成年(18歳未満)、サービスを停止された者、または承認できないクレジットリスクのある者は使用できない。

2. 甲乙間の法的関係
2.1 代理店の関係 甲は第三者からの支払いを承認したり、支払いを行うことを助けるために仲介業者として機能する。 甲は乙のエージェントとして乙の指示と要求のもと機能し、乙の代わりにタスクを実行する甲のサービスを利用する。 甲は常に企業資金とは別に乙の資金を管理し、経営費や他の企業資金の目的で乙の資金を利用しない。また破綻時やいかなる他の目的のために、自発的に債権者に利用できる資金を作らない。 乙は以下のことに同意する (i) 甲は銀行ではなく、サービスは銀行取引業務というよりは支払い処理サービスである (ii) 甲は乙の資金に関して受託者、被信託者、または エスクローとして機能しないが、エージェントまたは証券保管機関としてのみ機能する。
乙は甲のアカウント内でサービスを利用するために残高を繰り越さない。 乙は甲のアカウント内にアメリカドルの残高を繰り越す場合、甲は乙の資金を他のユーザーの資金と一緒にプールし、1つ以上のFDIC(連邦預金保険公社)が保証する銀行のアカウントでそれらの資金は保管されます。これらの資金はパスするー保険に適切でなければならない。
乙は乙のエージェントとして甲が操作する資金で、金利または他の利益を受け取らないことに同意する。 甲はそれらの資金で金利を生む、または乙の資金を管理する銀行により銀行業務のためにかかる手数料や経費の還元を受け取ることができる。
この同意書の諸条件で、サービスを通して支払いを開始して送金する、或いは残高に資金を追加することで、乙は甲にエージェントとして代理で資金を獲得するため、または乙が指定する資金を受取人やプールされたアカウントに転送するため、甲を指名する。 支払いを送金すると、受取人に支払いを承認されるまで(すぐに実行される)乙はこれらの資金の保持者で甲は乙のエージェントとしてこれらの資金を保持する。しかし最初のトランザクションが取り消されるまで乙はこれらの資金を引出できない、または他の受取人に資金を送金できない。
サービスを通して支払いを受け取ることで、乙が追加で甲に説示するまで資金の送金に関して乙は甲をエージェントとして指名し、代理でプールアカウントに資金を預入するものとする。 甲のウェブサイトを通して、資金の引出または第三者への資金の送金をするためにこの同意書の取引条件に関する項目において乙は指示を出すことができる。 もし乙が甲を通して支払いを送信した旨の通知を受け取ったがサービスの登録を行っていなかった場合、甲は乙のエージェントとならず、サービスに登録し支払いを承認を示さない限りまたは示さないまで、この資金に関する要求は起こさないものとする。
2.2. Allied Wallet, LTD 支払いサービスプロバイダー。クレジッド、デビット、ダイレクトデビット(これだけに限らない)のような支払い拒否権利を受ける支払い手段を使用して行うアップロード方式を選択する場合、 支払い手段の権限がない利用以外、またはアップロードした金額の返金権利をもたらす甲の利用規約の不履行以外、そのような支払い拒否を行使しないことを宣言するものとする。小売業者との商品またはサービスの配達不能、または支払い手段のアカウントの不十分な残高における争いに(これだけに限らない)甲は責任を持たない。その場合いかなるアップロード済みのトランザクションに支払い拒否はせず、またこの理由によるいかなるアップロード済みのトランザクションの支払い拒否も許可しない。そのような支払い拒否あるいはこれに同等の異議申し立てが行われた場合、甲は乙に手数料や経費を請求する権利を有する。甲はまた乙に支払い拒否の手数料を請求するものとする。
2.2.1. アップロードトランザクションが支払い拒否または無効により残高不足になった場合、アカウントに十分な資金を送金して残高不足を払い戻すことを要求される。それを怠ると、利用規約に違反したものとする。残高不足の払い戻しは通知なしで即座に支払われるべきであるが、甲は乙に対していつでもリマインダーの送信、またはこれの限りではないが、債権回収会社または弁護士に債権の回収を委託する、或いは法廷において異議申し立てを行う権利を有する。 債権回収または業務執行にかかる全ての費用を乙に請求する権利を有する。
2.2.2. 乙が支払う手数料は甲の残高から差し引かれる。トランザクション手数料はトランザクションが施行される際に請求される。もしアカウントの残高が手数料をカバーするために不十分な場合、甲は乙への支払いの執行を拒否することができる。破綻や支払い拒否における手数料はそれが発生した際に差し引かれるものとする。
クレジットカードサービスの支払い拒否手数料。
小売業者は支払い拒否が起こるたびに、そのアカウントに対して請求される。 小売業者に対して課された手数料は直ちに適用される。 支払い拒否は1ヶ月小売業者のアカウントで、甲が処理したトランザクション合計の1%に厳重に限定される。 それ以上に関しては過度とみなされ、罰金が課され甲はこの同意書を終了し、最後にカードが利用された日から180日間のこのアカウントの資金を持つ小売業者のアカウントを閉じる事由になる。 この期間後、支払い拒否、罰金、サービス手数料とその他の掛かる手数料を差し引いたアカウント内の残高が返金される。 小売業者のアカウントがトランザクション処理の1%を超える支払い拒否が施行される場合、そのアカウントは罰せられる。 加えて、小売業者は小売業者が提供する製品やサービスの”支払い拒否”或いは”返金”を顧客に提案、暗示、画策、宣伝、示唆、表現、促進、アドバイス、または言及することは絶対禁止されている。 小売業者が甲またはその子会社に小売業者のアカウント、またはVisaまたはMasterCardと小売業者のアカウントの関係を損失させるようなことがあった場合、クレジットカード会社や銀行による罰金や罰則に加えて、重大な罰則が科せられる。 典型的なものとして、カード関連会社の利用方針の承認を遵守しないもの同様、高額な支払い拒否、詐欺、各地域、各州、各国の司法に違反することが含まれます。
AlliedWalletクレジットカード処理のための準備。
甲は、契約書1(時々更新される)内に明記される期間[6ヶ月]の甲のクレジットカード処理のため、小売業者の総収入の1%を差し引くものとする。これは甲のカートサービスの支払い拒否、取り消し、または返金のために貯蓄される。 甲は将来の支払い拒否返金または小売業者の賠償責任への安全対策として、独自の決定権において預り金額とその期間を調整する権利を持つ。 預かり金は全ての申し立ての期間終了に小売業者に返金される。 加えて、甲は小売業者のアカウントによりいかなる理由であっても損失が保留されることを懸念する場合、甲が安全に保持できる起こりうる損失額を、小売業者は事前にその銀行アカウントに自動決済する権利を甲に委ねる。 甲は小売業者のアカウントが安全で、結果として甲が損失を保持しないと認められるまで預かり金として資金を保持することがある。
2.3 ID認証 甲は甲のサイトにユーザーが登録する際、ユーザーを認証する多くの方法を使用する。 ユーザー認証はユーザーIDが正しいかどうかを唯一示すものです。 乙は直接または第三者を通して甲を認証し、甲が登録で認証するために必要だと考える問い合わせを行う。 これには信用調査書、他の信用確認を指図する、または第三者のデータベースに対して乙が提供する情報を確認することが含まれる。 しかしながら、インターネット上でユーザー確認が難しい場合、甲はいかなるユーザーIDも保証できない、または保証しない。
2.4 放棄 一人またはそれ以上のユーザーと争いになった場合、乙は甲(また甲の役員、取締役、エージェント、子会社、共同業者、その従業員)をいかなる種類と性質から生ずるまたはそのような争いに関連する申し立て、要求、損害(直接、間接的な)からも放棄する。 カリフォルニアに居住の場合、以下のカリフォルニア民法§1542を放棄する: “一般放棄は放棄施行時に、債権者が有利になるように知らない、または存在を疑わしく思う申し立てに延長しない。債権者が知らない場合は債務者との合意に物質的な影響を及ぼした場合に限る。”
2.5 無保証 甲、甲の親会社、子会社、従業員、サプライヤーは保証や条件、表現、暗示、法令なしに“現状のまま”サービスを提供する。 甲、甲の親会社、子会社、従業員とサプライヤーは特に権原保証責任、商業能力、特別な目的や侵害行為ではない適合性を放棄し、暗示する。 甲は、銀行のアカウント、クレジットカード、小切手発行が規定の時間内で処理されるよう、電子借方と貸方の要求を確定するための当然の努力をしなければならない。しかし甲のサービスは金融制度や米国内外の郵便サービスの遅延など多くの不可抗力によるため、甲はこの処理を完了する時間に関しての説明や保証はしない。いくつかの州は黙示保証の放棄を許可せず、前述の権利放棄は乙に適用しない。この保証が乙に特定の法的権利を与え、州にまたがる法的権利を有す。
2.6 責任制限 甲、甲の親会社、子会社、従業員またはサプライヤーはいかなる場合も利益の損失、偶発的または間接的な損害またはこの同意書(しかし過失を含む発生)に責任を負わない。いくつかの州は偶発的または間接的な損害の排除または制限を許可しないので、上記の制限や排除は乙に適用されない。
甲、親会社、子会社、従業員またはサプライヤーの乙または第三者への負債はいかなる場合でも実際の損害にかかるものに制限される。
2.7 賠償金 甲、その親会社、子会社、加盟会社、役員、取締役、従業員をいかなる申し立てや要求(弁護手数料を含む)からも損害を受けない、またはいかなる第三者からも乙のこの同意書や参照文書の違反のために、または発生する、及び、サービス利用に関連する第三者の法や権利の侵害で起こる損害を被らないで賠償され、存続させるために乙は同意する。
2.8 適正利用規定の違反に対する責任。 以下の行動を起こした場合、甲は乙に下記に明示するような罰則を与えることができる。
i. 性的または猥褻物のため、若しくはAllied Wallet,LTDの成人向け方針に違反して、甲のサービスを使って支払いを受け取る場合。
ii. 睡眠薬、その他の規制薬物、ステロイド、または処方薬の支払いの受け取りでAllied Wallet, LTDのサービスを利用する場合、受け取り、または提供する場所両方の現地法の違反となる場合。
iii. ギャンブル活動の場所またはタイプに関わらず賭け、ギャンブルの掛け金、またはギャンブルの払戻金の支払いの受け取りでAllied Wallet, LTD のサービスを利用する場合。
甲と乙は、甲が上記に明記される行動の結果として被る損害が、支払い処理やサービスプロバイダーからの(制限なしの)罰金や他の関連する経費を含み相当なものであるが、確定するには非常に困難で実行不可能であることに同意する。 そのような行動に乙が従事した際、甲は乙に対して$50,000.00 USDを科すると/または甲は乙に対して、罰金額を超える損失を取り戻すため法的手段をとることができる。 乙は甲の損害の妥当な最低見積額が$50,000.00 USDであることに同意する。これは現在の全ての既存状況を考えた場合に算出された額で、実際の損害が非現実的または極度に難しいと予測、証明し、甲にかかる被害の総体的な関係(制限なし)を含む。 乙は、原因のアカウント或いは甲の関連するほかのアカウント内の既存の残高からそのような罰金が直接甲が差し引く権利を有することに同意する。
もし利用受諾方針に違反して甲のサービスを乙が利用する場合、上記に明記された3つのカテゴリーに限らず、アカウントは制限或いは直ちに終了される。
乙はもし甲の利用受諾方針に違反して利用する場合、上記に明記された3つのカテゴリーに限らず、甲は(制限なしに)支払い処理やサービスプロバイダーからの罰金やその他の関連する経費を含む、かなりの負債と/または相当な損害を被ることを理解する。 利用受諾方針またはこのユーザー同意書の制限された活動(現在の条項6.2)に違反して製品やサービス(コンテンツへのアクセスを含む)を売ることで、甲によって被るいかなるまたは全ての損害のため乙は甲への法的責任を認める。前述の制限なくして、乙は甲に支払い処理と/またはサービスプロバイダーが乙の活動の結果で徴収されたいかなるまたは全ての費用、経費、罰金を甲に返金することに同意する。
乙や甲がこの条項に関しての訴訟あるいは調停を開始する際、勝訴当事者は妥当な弁護料と、勝訴当事者が権利を有するその他の救済に加え、その他のかかる費用を回収する権利を有する。
3. 手数料。 全ての手数料はアカウントが承認され次第小売業者に提供される。 全ての手数料は支払い通貨で算定されます。Allied Wallet, LTD手数料の追加情報は要求に応じて提供するものとする。
米国人以外のユーザーは支払いの受け取りにサービスが使用できず、支払いの送金のみ使用できる場合がある。 米国人以外 Allied Wallet, LTDのユーザーにいより違反する法律や規制がないことを保証する。

4. 支払いの受け取り
4.1 資金の支払い。 全てのアカウントは英国と現地の個人アカウント所有者法によって施行される法律に忠実でなければならない。 Allied Walletサービス規約に関する追加の制約がアカウントにある場合がある。 個人のアカウントから他の個人アカウントへの資金の転送目的で、個人アカウントでクレジットカードで行われた支払いの供給は受け取れない。 クレジットカードで支払いを行うことが許可されるのは、クレジットカード所持者がAllied Wallet LTDの サブマーチャントにより売られた製品と/またはサービスを購入する処理中に個人アカウントを読み込む目的がある時のみである。 他の個人アカウントへ支払いを送る明確な目的で使われる個人アカウントは、標準規則を遵守し、詐欺行為が無いことを証明する適切な認定期間があることを条件に、電信送金で送金を受けなければならない。 個人アカウントは米国ベースの金融機関からACHを通して読み込まれるが、個人アカウントが認証された後のみである。 支払いを承認することで、乙は支払いが破綻しても支払いへの責任があることに同意する。 もしそのような破綻が乙のアカウントに起きた場合、甲は支払いを無効にし、乙のAllied Wallet, LTDアカウントの残高に借入し、支払いをする。 甲の残高に不十分な資金がある場合、 サービス規約に記載のとおり、他の手段を通して甲に返金することに同意する。

4.2 期限切れカードの削除。 アカウントの期限切れのカードは甲が通知し、アカウントの資金ソースとして甲が削除する前にカードの更新を行うように甲は乙に知らせる。
4.3 引出し。Allied Wallet, LTDアカウントからお金を引出すには、乙は甲に甲のプライバシー方針に詳細に記述され、保護される数種類のIDフォームを提供することを要求する。 甲はこの情報を乙のIDが本物であることを証明するため、または月にどれくらいアカウントから引出すかを決定するために必要とする。 乙のロケーション(米国または他国)、クレジットレート、または他の要因によって甲は引出しを制限し、乙から追加情報を要求する場合がある。一般的に月$500.00 USDを引出す場合、甲は乙にいくつかの本人証明の手順を踏んでもらうことを要求できる。例として以下の事項の確認: 乙のメールアドレス、銀行のアカウント社会保障番号。乙は甲のファイルにある銀行アカウントへのダイレクト預入により資金を引出すか甲の料金体系に明示してある通り僅かな手数料のかかるチェックを受け取ることができる。一般的にチェックは住所が確認された場合のみ送られる。乙が米国に居住していない場合、乙のAllied Wallet, LTDのアカウントから資金を引出すことが不可能かもしれないことに留意し、故にアカウントの残額同等の資金を送ることを知っている場合のみ支払いを承認しなければならない。
注意: Allied Wallet LTDアカウントからの引出しはACHまたは承認済みの銀行アカウントへ電信送金する場合のみ可能。 Allied Wallet LTDアカウントからの資金でクレジットカードを取り次ぎことはないものとする。

5. 支払い送信
5.1 支払い送信。 甲のサービスを通して支払いを送信する場合、甲は乙に甲のプライバシー方針に記述され、保護される数種類のIDフォームを提供することを要求する。 甲はこの情報を乙のIDが本物であることを証明するため、アカウントでいくら送金するかを決定するために必要とする。 甲は乙のロケーション、またはその他の要因によって甲は乙から追加情報を要求する場合がある。 乙が提供する情報により、甲は乙の送金制限を決定する。 一般的に、ファイルのメールアドレスとクレジットカードの確認済みのアカウントは$900.00 USDまで送金可能である。それ以上の送金制限を受け取る銀行アカウントを追加、確認することでアカウントは認証される。
5.2 支払い拒否。 甲のサービスを通して第三者に支払いを送信する際、たとえ甲で受取人が既に登録している場合であっても、受取人は支払いを承認する必要がない。受取人は支払いを戻す、または甲のサービスを使って乙が送金した支払いを拒否する場合がある。拒否または請求されない甲を通して送られたいかなる支払いも以下の事由により乙に戻される場合がある: (a) 拒否の日時または (b) 支払いが送金された30日後。支払い送金についての詳細及びガイドは、甲の支払い方針を参照するものとする。
5.3 電信送金。Instant TransferまたはeCheckで資金を送られた、甲のサービス通して支払いを行う場合、または”資金の追加”を開始する場合、乙は電信送金を乙の銀行アカウントから要求できるものとする。 この要求に際して、甲は乙が特定する金額を米国内の銀行アカウントからAutomated Clearing House (ACH)システムを介して電信送金を行う。 甲は承認なしに乙の銀行アカウントから送金はしない。
5.4 商業受取人の支払い処理を遅延する権利。 特定の商業ユーザーに送られる支払いを認定する際、支払い指示は変動する期間中有効である。 支払いは商業ユーザーが支払い指示が有効な期間内に処理されるまで商業者に転送されることはない。
支払いのために十分な残高がある支払いを認定する際、残高から支払いと同額を借り入れし、処理中だと強調する。 この支払い処理を商業者が完了していない場合、乙はこの額にアクセスできない。
支払いを認証する際、残高に十分な額がない場合は、乙が認証した時に甲は乙に借り入れする。 選択した資金ソースとして認証した際、乙が特定した資金ソースを使って残高を残すために甲は認証を行う。 トランザクションは処理中として強調され、この支払い処理を商業者が完了していない場合でも乙はこの額にアクセス不可である。
支払い処理を商業者が完了すると甲は可能な場合に限り処理中の残高を使用して資金を獲得できる。 甲は、乙が選択した資金ソースの認証を乙が特定する資金ソースを借り入れして残資金を後から獲得できる。
乙の残高が全体の資金額を入金するのに不十分である場合、(残高使用後)支払いが処理されると利用規約に準じ認証時に乙が特定したバックアップ資金ソースを借り入れして残資金を獲得できる。
乙と商業者の同意を持って、税金、総量、物品の在庫、物品追加または他の状況により、商業者は乙の最終購入価格を変更できるものとする。

6. 乙の情報と禁止行為
6.1 定義。 “乙の情報”とは甲とユーザーに登録、支払い処理、ストアまたは甲のサービス機能など、乙が提供するいかなる情報をさす。 乙は乙の情報に全責任を持ち、甲は乙のオンライン販売と情報の公開のための活動を起こさないパイプの役割を果たす。
6.2 禁止行為。乙の情報と行為(乙の支払いと支払い受取人を含む)は甲のサービスを通して以下であってはいけない: (a) 間違い、不正確または間違いを引き起こす; (b) 不正または偽造品や窃盗品の販売への関与; (c) 乙のクレジットカードからのキャッシングサービスの提供の構成 (またはその行為の手伝い), (d)制限はないが、 ロケーションやタイプに関わらず(オンライン、オフラインカジノ、スポーツ賭博と職場の賭け事)賭博、ギャンブルの借金、ギャンブルに勝つことへの支払いとその承認を含む、ギャンブル活動/またはギャンブル活動への関与。; (e)甲の許容できる利用方針への違反; (f) 第三者の著作権、特許権、商標、企業秘密、またはその他の財産権や公開またはプライバシー権の侵害; (g) 法律、規則、条令、契約または法令の違反(制限はないが、所轄の金融サービス、消費者保護、不正競争、差別禁止、または不正な広告); (h) 中傷、商業名誉毀損、違法威嚇的行為と嫌がらせ; (i) わいせつ行為や児童ポルノを含むもの; (j) 損害を及ぼしたり、有害に妨げたり、機密に妨害またはシステム、データ、他の個人情報を搾取する可能性のあるウィルス、トロイの木馬、ワーム、時時限爆弾キャンセルボット、イースターエッグまたはその他のコンピュータープログラムルーティン; 或いは (k) 甲に債務を負わせる、または甲のISPまたは他のサプライヤーのサービスを損失させること(一部または全て)。 乙が資金の送信と受信、またはアカウントを管理する目的以外でサービスを利用または利用しようと試みる場合、 乙のアカウントは終了され、乙は罰金や然るべき場所での刑事訴追を含む他の刑罰を科せられる場合がある。
6.3 ライセンス。 乙が提供する情報は唯一甲が使用するものとし、乙がその情報内に持ついかなる権利も甲は侵害しない。乙は甲に排他的ではない、世界的な、著作権使用無料の、恒久の、取り消し不能の、サブライセンス権利(マルチ層)を提供することに同意し、あなたの情報に関してメディアに知られる、または現在知られていないに関わらず、あなたの情報内に所有される著作権、公開、データベース権を行使する(制限はない)。 甲はプライベート方針に準じ、乙の情報を利用、保護する。
6.4 商標。 このウェブサイトに記述されるAllied Wallet.com、Allied Wallet, LTDその他の関連ロゴ、製品とサービスはAllied Wallet, LTD, Inc.、そのライセンサーの商標または登録商標である。事前のAllied Wallet, LTDの許可なく(以下に記載の状況を除いては)全部分、一部分に限らずコピー、模倣を行ったり、使用したりすることはできない。加えて、全てのページヘッダー、カスタムグラフィック、ボタンアイコンとスクリプトはAllied Wallet, LTDのサービスマーク、商標と/またはトレードドレスで、事前のAllied Wallet, LTDの許可なく全部分、一部分に限らずこれらをコピー、模倣をおこなったり、使用したりすることはできない。
上記にかかわらず、HTMLロゴはアフィリエイトプログラムを通してAllied Walletから提供されておりウェブトラフィックをサービスにダイレクトする目的である旨の書面の同意を持ってのみ使用できる。 これらのロゴはAllied Wallet, LTDやそのサービスを軽視する方法でどのようにも改ざん、修正、または変更されたり、使用されない。 ロゴはAllied Wallet, LTDによってスポンサーされたり承認されることを暗示する方法で表示されない。Allied Wallet, LTDは支払いサービスで、この同意でパートナーシップ、共同事業、雇用主-従業員またはフランチャイザー-フランチャイズ加盟店の関係 を意図されたり作成されたりしない。
7. アクセスと妨害。甲のウェブサイトはロボット排除ヘッダーを含んでおり、乙はロボット、スパイダー、他の自動デバイスやマニュアルプロセスを使用して事前の書面許可がない限り甲のウェブページをモニタリングしたりコピーしないことに同意する。 Allied Wallet, LTDの適切な作業や甲のサイトで行われるいかなる活動とロボット排除ヘッダーをバイパスするデバイス、ソフトウェアやルーティンを使用しないこと、妨害しないこと、または妨害しようとしないことに同意する。乙は甲のインフラで不合理または偏って大きな読み込みを強制するいかなる行動も起こさないことに同意する。甲のサイトの殆どの情報は甲の所有物または甲のユーザーや第三者によってAllied Wallet, LTDに許可されたものである。 乙は甲または適切な第三者の事前の許可なしに甲のウェブサイトからコピー、複製、改ざん、修正、模倣した作品を作成、公然に表示またはコンテンツを飾ることをしないことに同意する。支払いの送金や受信、アカウントの管理以外の目的、例えばこの限りではないか、改ざん、ハッキング、修正またはその他のサービスの安全性と機能性を破壊することを使用した、またはサービスの使用を試みた場合、アカウントは終了し、賠償請求または然るべき場所での刑事訴追を含む刑罰に科せられる。
8. プライバシーとセキュリティ。 甲は第三者に乙の同意なしでマーケティング目的で乙の個人情報を売ったり貸したりせず、甲は乙の情報をプライバシー方針で記述されている通りに使用するのみである。甲は大変重要な原理としてユーザーのプライバシー保護を表示する。乙と乙の情報は甲の重要な資源の一つとして明示され理解されている。甲は乙の情報をコンピューターで保存し処理する。コンピューターもテクノロジーの安全なデバイス同様に保護されている。乙はhttps://www.Allied Wallet.com/で始まるページの乙のAllied Wallet, LTDアカウントのみにログインすべきである。全てのページはhttps://www.Allied Wallet.com/で始まるため、これで始まらないものは使用できない。甲は第三者を使用して甲のプライバシー方針を認証し、証明する。もし乙が乙の情報が使用、転送されることに異議がある場合、甲のサービスを利用しない。
9. アカウントの終了と閉鎖。 甲のウェブサイトのプロフィール内のアカウントを閉じるリンクをクリックしていつでもアカウントを閉じることができる。アカウントの閉鎖により、処理中のトランザクションはキャンセルされる。閉鎖にあたり甲が保管する資金は適切な手数料を差し引いて乙に小切手で支払われる。その場合、認証に必要な関係する全ての引出しは満了になったものとする(例として、新規の認証されていないユーザーが引出し制限を回避する手段としてアカウントの閉鎖はできない)。調査の回避としてアカウントの閉鎖は使用できない – 乙がアカウントの閉鎖をする際、調査が処理中の場合、甲は破綻のリスクに対し甲を適切に保護するため、180日間資金の保管を行う。係争中の資金の一部または全てが乙に権利があると決定された場合、甲はそれらの資金を乙に返還する。乙はアカウント閉鎖後もアカウントに関連する義務に全ての責任を負う。乙がアカウントに3年アクセスしない場合、それは終了したものとされる。終了日後、甲は乙が提供した情報を利用して乙のために保管している資金を送金する。情報が適切でない場合、支払いを完了できず、未請求の財産復帰に関して、資金は適切な州法に準拠する。
10. 救済法とAllied Wallet, LTDの回収権利。 他の救済法に制限されず、乙が甲に提供した不適切且つ不正確な情報は甲が更新して、電子手段ではなく乙に連絡して直ちに乙の行動のコミュニティに警告して、アカウント内の資金を保留、ソースと支払いの送金を制限、アカウントとアカウント機能の全てにアクセス制限する(制限はないが、乙のアカウントからの送金と引出し能力)、引出し制限、アカウントの無制限の一時停止、または乙のアカウントを閉鎖して、以下のことがあれば乙にサービスの提供を拒否する場合がある。: (a) この同意書や参照文書を違反; (b) 乙が甲に提供したいかなる情報も認証及び保証できない; (c) 乙のアカウントや活動がクレジットや詐欺のリスクを甲に与えた; (d) 乙の活動が経済的な損失または法的な負債を乙、甲のユーザーまたは甲に与えた場合; または (e) 甲のアカウントの使用で、クレジットカードの行動をテストするために甲のシステムを使って、Allied Wallet, LTD, Visa, MasterCard, American Express またはDiscoverのクレジットカードシステムの乱用またはクレジットカードの規範に違反したとみなされた場合を含む。甲のアカウントの最近の活動や履歴トランザクションログでこれらが完了したと記録されていても、資金が顧客の資金ソース(支払い用)にチャージされるまで、または顧客の銀行アカウントに投稿されるまで(引出し用)トランザクションは完了したとみなされない。加えて疑わしいトランザクションまたは資金統合を確証するための大きなトランザクションボリュームを動かすアカウントは、トランザクションの標準流通時期を越えて資金を保管する権利を有す。アカウントを閉鎖すると、通知を提供して、乙のアカウントの制限のない資金を返金する。またこの同意書の実行をもって、乙は甲に抵当権と担保権をゆだねる。更に、乙は甲が甲のアカウントで残高不足になると他の甲のアカウントで法で許される理由によって、いつでも埋め合わせを行うことができる。これらの義務には安全、安全でない負債、個人、または他人と負う負債を含む。
11. 能力の譲渡。 この同意書の元に乙が持つ権利や責任は甲との事前の同意書なしで転嫁することはできない。甲はこの同意書またはこの同意書の元で権利や責任を転送する権利を同意なしで保有する。
12. 法の遵守。 乙は甲のサービスの利用に際し、適用される米国、国際法、法規、条例、規則、契約適用するライセンスに準拠しなければならない。
13. 通知。
13.1 電子コミュニケーション。この同意書は”乙によって署名された書面”を適用する法と規制の元に制定される。 適用する法によって認められた完全な範囲に対して、乙のアカウントと/または乙のサービス利用(”コミュニケーション”)に関して、この同意書と他の同意する事項、通知、その他のコミュニケーションは電子的に提供され電子フォームでこうから全てのコミュニケーションを受け取ることに同意する。 電子コミュニケーションは甲のウェブサイトに投稿され/またはメールアドレスに送信される。 乙はいかなるコミュニケーションのコピーも印刷することができ、乙の記録のために保持される。 全てのコミュニケーションは電子的または印刷され”書かれたもの”とみなされ、コミュニケーションを受け取るまたは読み出すに関わらず、投稿または普及後5日以内に受け取るものとする。 甲は印刷された形式でコミュニケーションを提供するための権利を保有するが、責任はないものとする。
13.2 信用報告書。甲のアカウントと/またはサービスや機能を利用する能力を持つための適切性を確認する唯一の目的で信用報告書を甲が注文して評価することに同意する。
13.3 手順。 明確に記載されない限り、いかなる通知も甲に郵便で知らせられなければならない。 Allied Wallet, LTD Inc., Attn: Legal Department, Allied Wallet LTD, 1 Northumberland Avenue, Trafalgar Square London, WC2N 5BW. United Kingdom. (Allied Wallet, LTD) または甲のオンラインメッセージセンターに連絡するものとする。乙が甲に提供したメールアドレスに連絡が来るものとする。(あなたの来る場合)。送信した側が電子コミュニケーションが送られなかったことに気づかない限り、投稿やメールが送信されてから24時間後に通知されなければならない。または、登録処理中は甲に提供されたアドレスで甲は乙に通知を送る。いずれの場合もメールを送信してから3日後に通知をされなければならない。
14. 法的な争い。甲と乙が係争する場合、甲の目的は迅速な争いの解決で中立、費用効果が高い方法を提供することである。故に、甲と乙は、法的ないかなる論議や申し立て、またはこの同意書または甲のサービス(”申し立て”)で起きる公平さが下記に記される一つのもので解決されなければならないまたは、各当事者によって文書で同意されることに同意する。これらの代替手段に頼る前に、初めに甲は乙に直接解決法を見つけて連絡することを勧める。甲は訴訟や調停といった、代替の係争解決過程を通して争いを解決すること考えるものとする。

14.1 仲裁。計$10,000.00 USD以下のいかなる申し立て(命令または他の衡平法上の救済申し立てを含まない)は、電話、オンラインと/または人がいない書面の提出を元に甲と乙が拘束力を持つ仲裁を通して解決することができる。 そのような場合、仲裁は適用される規則に一致してAmerican Arbitration Association またはJAMS、または他に設立されたADR提供者で相互の同意の元で行われる。 仲裁者によって提供された仲裁判断への判決は司法権限を持つ法廷で行われるものとする。

14.2 法廷。代替して、いかなる申し立ても英国または法廷が設置される場所の管轄裁判所で裁判をされなければならない(甲のケースは英国内で、乙の場合は居住地またはビジネスの拠点)。 甲と乙は英国内の法廷の個人の司法権に準じることに同意する。申し立てが甲、甲の子会社を含む場合、甲はアメリカ、カリフォルニア州ロサンゼルスの法廷で起こされた申し立てを追求しなければならない。

14.3 代替係争解決。 甲は英国または他のロケーションで当事者によって同意のもとで行われる拘束力を持つ仲裁など、他の係争解決法の利用を考えるものとする。

14.4 14項の違反。各当事者間で全ての申し立て(命令または衡平法上の救済への要求を除く)を、法廷裁判所への申請または仲裁の開始のいずれでも、最初に申し立てを行った当事者によるこの条項に一致して選ばれ、係争解決メカニズムを使用して解決しなければならない。どちらの当事者が裁判を開始しても、この14項に違反する行為を申し立て、他方の当事者は弁護料を$1,000.00 USDまでカバーするものとする。当事者は書面にて不適切に申し立てられた旨を通知され、主張を取り下げなければならない。

15. 一般。この同意書は英国民に同意され、施行される英国の法律の下で統治、解釈される。前述にも関わらない場合、Federal Arbitration Act (“FAA”)と全ての法規と訴訟手続きはFAAが英国法に整合する範囲で15項に統治されなければならない。甲のサービスに継続し、不断または安全なアクセスは保障されず、甲のウェブサイトの運営は甲の管理のない多数の要因により阻害される。この同意書のいかなる規定が無効または法的強制力を持たない場合、そのような規定は保留され、残る規定が強制されなければならない。甲は合併や買収による第三者への独自の決定権を、この同意書と全ての併合する同意書が自動的に甲によって割り当てられることに同意する。Allied Wallet IncはAlliedWallet LTDと、またその逆も権限が適用される。表題は参照目的のみで、領域またはその条項の範囲を定義、制限、解釈または説明しない。乙による違反に関する甲または他の人の失敗は次のまたは同様の違反に関する甲の権利を放棄する。この同意書と文書は甲乙間の本件に関する全体の理解を明記する。全項はこの同意書の終了や期限切れをも免れる。
16. 係争。 甲のサービスに関しての甲と乙間の争いにおいては甲のコンタクトリンクを通してオンラインカスタマーサポートへレポートまたは以下の番号に電話しなければならない。 (888) 255-1137